第32回桜橋WEBハンズオンセミナー


〒530-0001 大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー8階  (計画承認:認定承認済)

2021年6月5日 第32回WEBハンズオンセミナーを開催いたしました。

特別講演は、自治医科大学附属さいたま医療センター放射線科教授 真鍋徳子先生にご登壇いただきました。


今回は「4DflowMRIで見える様々な血行動態」というご演題で、MRIの4Dflowの魅力を大変分かりやすく、丁寧に教えて頂きました。少し、敷居の高い4Dflowですが、血行動態という観点から各疾患や治療に応じてわかりやすく知識の整理をさせていただきました。ご参加の皆さんも大変満足されておりました。


 特別講演に引き続き、ワークステーションによる画像解析を行いました。


 事前準備、機材セッティング、配信などスタッフの技術も前回より向上しWEB配信も上達してきました。

以下写真を添付いたします。


13:00-13:30 Opening Introduction


 ご参加の沖縄から北海道までの各地の先生方による自己紹介とワークステーションの接続確認をしました。


参加の先生と会場はZoomとGoogleのサービスを使って双方向の接続をしました。


 これまでのハンズオンセミナー会場同様、ワークステーションを操作しながら顔を見ながら発表する双方向性を維持しつつ、あたかも会場のワークステーションを操作しているような感覚を自宅からリアルに体験してもらう環境に整え、ご自宅の実在する風景にバーチャルのワークステーションや他の参加者や講師の視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある世界を"仮想的に拡張する"という、ある意味、拡張現実(AR)の世界を体験していただけたかと思います。

 今回は、回線も充実して問題なく快適な配信であったと思います。

今回も、事前登録できた方から3台のワークステーションを開催前日まで自由に使っていただけるようにしました。

また、接続方法やワークステーションの使用方法は、YouTubeに動画としてアップしました。

13:30-14:15 特別講演 「4DflowMRIで見える様々な血行動態

   自治医科大学附属さいたま医療センター放射線科教授 真鍋徳子先生

4DflowMRIをわかりやすく解説いただきました。真鍋先生からご紹介頂きました4Dflow研究会も是非こちらから

https://sites.google.com/view/4dflow/home



14:20-17:30 ワークステーションによる画像解析(2症例)

今回も、感染予防対策のためアクリル板越しにディスカッションを行いました。

また、発表者のワークステーションを参加者全員が見ながら説明を聞き同時に質問したりできる双方向通信は、これまで、少し不安定な運用でありましたが、今回は、非常にスムーズにやり取りができました。

Zoomでの投票風景

前回同様にワークステーションは細部までよく見えました。


記念撮影です! 顔出ししてくださった皆様ありがとうございました。

少し時間は押しましたが、無事に終わることができました。


皆様ご協力ありがとうございました。


 COVID19により、多くのイベントが自粛を余儀なくされる中、桜橋ハンズオンセミナーも新しい対策を考えることが大切と思い、桜橋ハンズオンセミナーのスタッフ達と、知恵を絞ってワークステーションを使いながらZoomを併用したセミナーを作りました。従来通りの双方向にこだわり、配信はすべてスタッフで行うことで費用をミニマムにして配信を行いました。

 現在、ワクチン接種も進んでおり、少しずつ毎日の感染者数は減っていますが、大阪はまだ緊急事態宣言中です。

今回ご登壇いただきました、真鍋徳子先生をはじめ、参加者の皆様、ご協力ありがとうございました。感染状況が改善した際には、是非オンサイトでお会いできることを楽しみにしております。

 今回は、恒例の自己紹介や、参加者のワークステーション画面をスクリーンに映してその解説を参加者全員でみるということが確実にできるようになり、交流もできるようになってきました。参加者の皆様のあたたかい励ましとご協力、さらにスタッフの尽力に感謝いたします。

 最後になりましたが、これまで多大な支援とご協力いただきました共催企業の皆様、ありがとうございました。


桜橋渡辺病院

小山靖史 拝


共催

株式会社フィリップスジャパン

バイエル薬品株式会社

協力 特定医療法人 渡辺医学会 桜橋渡辺病院

最新記事