9月12日(土) | ブリーゼブリーゼ 801-802

実践-心臓CTを使った冠動脈のプラーク性状評価と虚血診断-

中等度冠動脈狭窄病変においてPCIをせずにdeferするかどうかの判断は重要である。一方で、Deferした患者のプラーク管理はその後の予後を決める上で重要な課題である。画像で観察する上で心臓CTの大切な役割の一つかもしれません。薬物治療や運動療法を行いプラーク退縮や虚血の改善を認めた症例の解析を通じて、動脈硬化とリスク管理にどのように向き合っていけばよいかを体験してみましょう。
お申し込みの受付は終了しました。

日時・場所

2020年9月12日 9:45 – 11:20
ブリーゼブリーゼ 801-802, 日本、〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目4−9

このイベントをシェア